menu

0

DVDの仕様の確認

自作ムービーのきほん

結婚式場や披露宴・2次会会場ごとに
再生できるDVDの仕様がそれぞれあるので
間違いがないようにキチンと確認しましょう!

DVDの種類(DVD-R・DVD-RW・Blu-rayなど)

DVDにはさまざまな種類があります。
DVDの種類によっては結婚式場や披露宴・2次会会場でプロフィールムービーなど、自作ムービーのDVDが再生できない場合があるので注意が必要です。

一般的によく自作ムービーに使われるディスクの種類は以下の3種類です。

DVD-R
一度だけ書き込みができるディスクです。書き込んだデータは削除できません。
データの書き込みにはDVD-R対応のドライブが必要です。
多くの式場・会場では一番多く指定されているDVDディスクタイプとなります。

DVD-RW
書き込みが繰り返しできるディスクです。書き込んだデータの削除もできます。
データの書き込みにはDVD-RW対応のドライブが必要です。
一部の式場や会場では再生に対応してない場合があります。

Blu-ray
DVDディスクに比べてデータをたくさん保存できるので高画質なハイビジョン映像などに向いています。
データの書き込みにはBlu-ray対応のドライブが必要です。
一部の式場や会場では再生に対応してない場合があります。


DVD-R以外は再生対応している式場・会場が限られているので確認が必要となります。
せっかく作ったDVDが再生できない!なんてことのないように事前によくチェックしておきましょう。

DVDオーサリング

自作ムービーをDVDデッキで再生するためには
1. オーサリングソフトを使って
2. ファイナライズをして
3. パソコンなどのDVDドライブでDVD-Rに焼く
といった手順が必要になります。

結婚式場や披露宴・2次会会場によってはDVDなくデータの状態の映像(MP4ファイルなど)のまま再生できる場合もありますが、多くの場合はDVDデッキで再生するのが一般的です。

再生リピートの有無

自作プロフィールムービーなどの映像をDVDにする場合
・DVDを再生したときに映像が自動でスタートするかどうか
・映像が終わった後リピート再生するかどうか
・映像の前にメニュー画面を入れるかどうか
といった設定ができます。

この設定もそれぞれ式場・会場により指定が違うので確認が必要です。

式場・会場からの指定で一番多いのはリピート再生なし・メニュー画面なしであるようです。
ただし自宅などで再生する場合にはメニュー画面があったほうが便利な場合もあるのでよく仕様を確認してみましょう。

映像前後のブランク

DVDの設定をメニュー画面なしにした場合、DVDディスクをDVDデッキに入れた途端、映像が始まってしまいます。
オープニングムービーなどタイミングを合わせて再生したい場合などには
映像の前後に黒画面(ブランク)5秒~10秒程度入れておくことで
再生前に一時停止をしてタイミングを合わせることができます。

映像前後のブランクは指定される場合とされない場合がありますが、どちらの場合でもブランクを入れておいた方がよさそうです。